ちえぶくろう

当院でのほくろ、しみ、皮膚腫瘍の治療について

開院から1か月半がたちました。ほくろとしみの相談も多い内容です。

まず、その病変が悪性か良性か診断を行い、切除がよいのか、レーザーが適応か、外用などで対応ができるものかをお話しして患者さんに選択していただきます。悪性が疑われる場合には診断のために病理組織学的検査を行いますし、当院で対応ができないと判断した時には連携病院に適切にご紹介をしています。

皮膚腫瘍切除、手術は毎日の診療の中で行っております。

レーザーは「エルビウムヤグレーザー」を備えており、傷跡が残りにくく、術後の傷も治りが早いものを備えています。

そのほか、首にぼつぼつできるスキンタッグと呼ばれるいぼ状のもの、頭や顔面にできる脂漏性角化症というしみからできたいぼについて、保険診療か自費診療になるかなど、なにかと気になる症状があれば、診察時にご相談ください。

院長 藤本智子

 


日本皮膚科学会総会 教育講演1-3 多汗症をいかに治すか

6月2日金曜日にはクリニックの休診をいただきご迷惑をおかけしました。

第116回日本皮膚科学会総会で、多汗症についての教育講演を行わせていただきました。皮膚科学会総会は日本で最大の皮膚科学会で、この日は全国の総合病院やクリニックの皮膚科が休診や短縮診療などしているところも多くあると思います。

教育講演1は汗が関与する疾患というセッションでした。

演者は大阪大学皮膚科准教授 室田浩之先生、神戸大学皮膚科講師 福永淳先生、浜松医科大学教授 戸倉新樹先生で、座長に杏林大学名誉教授 塩原哲夫先生、戸倉新樹先生という御高名な先生方の中で、私も皮膚科診療をしている医師にむけて多汗症の治療を広め、日本全国どこの地域でもスタンダードな診療ができるような内容を意識して準備、発表をさせていただきました。

当日は金曜日の朝一番にも関わらず、大きな会場に多くの先生方関係者が集まるセッションとなり、関心の高さが伝わってきました。

 

 

2010年に皮膚科学会において原発性局所多汗症診療ガイドラインが、2015年には改訂版が公布されましたが、私自身、他大学、他分野の多汗症の診療を行っている先生方とガイドラインを作成してきました。作成当初から現在に至るまでで感じることは、年々、着実に皮膚科医師の中で多汗症診療について理解が深まっていること、治療が普及してきていることです。

研究分野でも、発汗機序、発汗のメカニズムやその役割についての研究が非常に盛んになってきています。今後新しい治療に応用されるうえで非常に重要なのが、実験室での基礎研究や、患者さんの診療から得られる情報です。一人一人の症状を丁寧に診ていくことから新しい気づきがあると改めて思いました。

池袋西口ふくろう皮膚科クリニックは、引き続き患者さんに寄り添いつつ、よりよい診療を心がけていきます。

院長 藤本智子

 


多汗症の診察についてご紹介

卓上型発汗計

多汗症で困っている患者さんは多くおられます。汗の量がこのくらいだから多汗症であるという定義はなく、‘日常生活で困る’と自覚したらそれは治療対象になりますので来院ください。

まず、多汗症の中のどの分類にあたるのかを診断します。原因が特定されない原発性多汗症と、なにかの原因疾患があって多汗症状を有する続発性多汗症を見極めることが必要です。実はなにかの疾患があることで多汗がある場合はその治療が必要な場合もあります。

腋の下、手のひら、足の裏、頭、顔面などの多汗症状を呈する原発性局所多汗症や、全身性多汗症、ホルモンの変化による多汗症、薬剤が関係している多汗症など、色々なタイプによって治療方針を決定していきます。発汗量もしっかりと測定します。当院では卓上型の発汗計を用いて、あらゆる部位の発汗をその場で測定することが可能です。

私自身、東京医科歯科大学皮膚科の発汗異常外来にて2005年より現在まで継続して汗の患者さん達を多く診療してきており、ふくろう皮膚科クリニックでも同様の治療選択肢を提供できるとともに、最先端の治療が提供できるクリニックにしていきます。一人一人にオーダーメードの治療を提供します。

院長 藤本智子