ちえぶくろう

原発性腋窩多汗症の治験を開始しました

治験とは、新しい薬に対して、有効性と安全性の確認を行う試験を行い、厚生労働省から「薬」として承認を受けるために行うものです。今回は、原発性腋窩多汗症、わきの下の汗で困っている方に対しての塗る薬の新薬になります。

日本全国で多くの患者さんに協力をいただき、その結果で保険適用の治療選択肢が広がるという可能性があります。ご興味がある方はどうぞ診療の際にお尋ねください。

もちろん現在提供できる治療についてもふくろう皮膚科クリニックにて行っております。

詳しくはこちらをご覧ください≫

院長 藤本智子


多汗症の診察についてご紹介

卓上型発汗計

多汗症で困っている患者さんは多くおられます。汗の量がこのくらいだから多汗症であるという定義はなく、‘日常生活で困る’と自覚したらそれは治療対象になりますので来院ください。

まず、多汗症の中のどの分類にあたるのかを診断します。原因が特定されない原発性多汗症と、なにかの原因疾患があって多汗症状を有する続発性多汗症を見極めることが必要です。実はなにかの疾患があることで多汗がある場合はその治療が必要な場合もあります。

腋の下、手のひら、足の裏、頭、顔面などの多汗症状を呈する原発性局所多汗症や、全身性多汗症、ホルモンの変化による多汗症、薬剤が関係している多汗症など、色々なタイプによって治療方針を決定していきます。発汗量もしっかりと測定します。当院では卓上型の発汗計を用いて、あらゆる部位の発汗をその場で測定することが可能です。

私自身、東京医科歯科大学皮膚科の発汗異常外来にて2005年より現在まで継続して汗の患者さん達を多く診療してきており、ふくろう皮膚科クリニックでも同様の治療選択肢を提供できるとともに、最先端の治療が提供できるクリニックにしていきます。一人一人にオーダーメードの治療を提供します。

院長 藤本智子

 


4月29日ふくろう皮膚科内覧会 ~赤ちゃんから始めるアレルギーの予防~

4月29日に、ふくろう皮膚科内覧会が行われました。

この地に根付いた診療を行っていく披露の場ということで、クリニックを開放し、待合から診療スペースまですべてをみていただく会が内覧会です。

しかし、地域に貢献できるクリニックになっていきたいという思いから、この日は内覧会の中で「赤ちゃんからできる食物アレルギーの予防」と題したミニ講演も同時に開催しました。これは特に私が診察室を超えて広く伝えたかった話題です。最近の研究で、生まれた時からきちんとスキンケアとして保湿をした赤ちゃんのほうがしていない赤ちゃんと比べてその後のアレルギー発症率が低いという内容です。すべてのアレルギーが予防できるわけではありませんが、受け身でなく、我々が自分で行える積極的な予防が保湿だというお話。なんとなくスキンケアって大事と半信半疑ではありません。今日からでも行ってほしいというメッセージをこめました。

池袋西口ふくろう皮膚科クリニックは、I love スキンケア・You love スキンケア・We love スキンケアを標語として、スキンケアという行動が自分や相手、家族との大切な関係をはぐくむとてもすてきな習慣になっていくことを願って、日々丁寧な診療を提供していきたいと思います。保湿剤はなにを使ったらいいの?いつ、どのくらいぬればいいの?などなどの質問はどうぞお聞きください。

当日は多くの方に参加いただき、その場で普段お悩みの皮膚症状などもお聞きすることができました。

診察室だけでは伝えられない内容も盛り込んで、今後もちえぶくろうを発信していきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

院長 藤本智子

 


ちえぶくろうを始めました

皆さまはじめまして。
池袋西口ふくろう皮膚科クリニック 院長の藤本 智子ともうします。
当クリニックは、地域にお住いの老若男女の皆さまにお気軽に通っていただけるクリニックづくりを目指しております。
私は、特に汗の疾患を得意としており、多汗症や腋臭症(わきが)でお悩みの方がいらっしゃいましたらお気軽にご相談ください。
こちらの「ちえぶくろう」内で、皮膚疾患やクリニックの情報などを発信してまいります。
今後とも、よろしくお願い致します。


5 / 512345