美容皮膚科

皮膚科医が美容上の悩みを解決

悩み解決

美容皮膚科は、皮膚疾患だけでなく、美容を目的とした治療を行う診療分野で、治療の主な内容は皮膚老化の改善、およびスキンケアのご指導になります。
美容皮膚科では、しわやたるみなどの美容上の悩みを皮膚医学的に解決していきます。

科学的根拠に基づいた治療を実施

美容皮膚科には、皮膚の生理的構造やメカニズムを熟知した皮膚科専門医がおり、医学的なエビデンス(科学的根拠)に基づいた治療が行われますので、患者さんも安心です。
当院では、下記のような治療を基本的に「自由診療」にて行っておりますので、お気軽にご相談ください。

  • にきび
  • しわ
  • たるみ
  • 敏感肌 など

*当院では、レーザー治療ではなく、各種「塗り薬」による治療を優先的に行います。

スキンケア

しみ

紫外線、ホルモンバランス、遺伝的要因、加齢やストレスによるターンオーバーの乱れなどが影響しています。 その種類や状態は様々で、外用薬や内服薬で改善するものからレーザー等特殊な治療でなければ改善が難しいものもあります。

シワ取り

しわは、肌の水分不足、加齢に伴う肌の弾力低下、紫外線による光老化、表情のくせ等が影響しています。 若い方でも見られる目もとの小じわ、加齢に伴って深くなった法令線、表情の動きによって生じた眉間のしわ等種類は様々です。しわの程度や部位、深さ等によって最適な治療方針を決定して参ります。

たるみ

たるみは、加齢に伴う肌の弾力低下、紫外線による光老化が主な要因です。 初期の段階では頬の毛穴が帯状に広がり毛穴が開いて見えますが、進行すると法令線が深くなり、口角、フェイスラインが下がってしまいます。 たるみの治療は、肌の表面だけではなく、内側の深いところまでケアすることが大切です。

にきび・にきび跡

にきびには、ホルモンバランス、ターンオーバーの乱れ、乾燥、ストレス、お化粧等が影響しています。 にきびの状態によっては、早い段階からの治療が必要になり、まずは内服薬・外用薬の処方等、保険診療で行えるニキビの治療を行います。 尚、重度のにきびや、にきび跡等、保険診療では改善が難しい場合は美容皮膚科(自費治療)と組み合わせ、にきびの状態や肌質等に合わせた治療法を選択します。

美容注射

プラセンタ注射

胎盤のことをプラセンタと言います。母親の体内で胎児と母体をつなぎ、胎児を育てる臓器ですが、もともと女性の体に備わっているわけではありません。受精卵が子宮内壁に着床して初めてつくられる臓器であり、役目を終えると出産とともに母体外に排出される短期的な臓器です。受精卵は、わずか10ヶ月の短期間に重さ約3kgもある赤ちゃんへと成長しますが、この驚異的な生命を育むのが胎盤の役割です。胎盤の薬効は世界中で古くから注目され、とりわけ滋養強壮薬、若返りの薬として珍重され、多数の漢方薬等にも配合されてきました。効果としては、美白、保湿、コラーゲン生成促進、血行促進、抗老化作用、抗炎症作用、肝機能改善作用(肝細胞保護作用、肝細胞再生作用)、抗アレルギー作用、免疫増強作用等があります。肌荒れ、小じわ、たるみの解消、アレルギー性鼻炎、更年期障害、冷えの治療等にも有効です。
プラセンタ注射や各種ビタミン注射などにつきましては、診療の際にご相談ください。

薄毛・抜毛

薄毛・抜け毛は男性特有のものと思われがちですが、薄毛に悩む女性も意外と多くいらっしゃいます。 遺伝による原因だけでなく、加齢・ホルモンバランスの崩れ・ストレス・生活習慣の乱れ・頭皮のトラブル・過度のダイエットなど、 様々な要因が絡まるため、十分なカウンセリングを行った上で、最適な治療方法を決定して参ります。

ピアスの穴開け

当院では、金属アレルギー対応の医療用のファーストピアスを推奨しています。金属アレルギーでの頻度が多いものは、ニッケルアレルギーです。ファーストピアスは皮膚に傷がある部位に1か月以上直接接着しているものですので、アレルギーを極力起こさない製品を身に着けることが勧められます。当院では純チタン製と、プラスチック製のピアスをご用意しています。


診療の流れ

1.受診時にピアスの穴開け希望とお伝えください。

2.同意書に記入をしていただきます。(ダウンロード可能ですので、未成年の方は保護者のサインの記入もお願いします。)

3.院内にある複数のピアスから希望のものを選んでください

4.医師によるファーストピアスの装着を行います

5.ご自宅でのホームケア用品をお渡しします。


料金について

1ヵ所
4,000円
2ヵ所
7,500円
ホームケアセット(消毒+綿棒+軟膏)
600円

※軟骨へのピアスは行っておりません。

同意書はこちら

※表示価格はすべて税抜き価格となります。



同意書

未成年者の方は、保護者のサインが必要です。

同意書はこちら