あせも

汗腺の活動が活発な乳幼児に多い

あせも

あせもは医学用語で汗疹(かんしん)と言い、汗をたくさん掻いた後に、皮膚に細かい水ぶくれや湿疹が現れる皮膚疾患の事です。
背中をはじめ、首やおなか、わきの下など汗のよく出る部位に発疹ができます。高温多湿な夏の時期にあせもは発症しやすく、汗腺の活動がとくに活発な乳幼児に多く見られます。
発症の原因ですが、身体の体温調節の役割を果たすエリクソン腺(汗の出口となる2つの汗腺のうちのひとつ)の出口が詰まることで起こります。
この詰まる状態というのは主に3つのケースがあると考えられます。
3つとは、皮膚の表皮部分にある表皮の有棘層で出口がふさがる紅色汗疹、同じく角質層で出口がふさがる水晶様汗疹、さらに表皮の下にある真皮で出口がふさがる深在性汗疹です。

患部が炎症し、痒みが伴う紅色汗疹

紅色汗疹

紅色汗疹は、赤い丘疹が生じてチクチクした痒みや軽い痛みを伴うタイプで、あせもの中ではこの症状が最も多いと言われています。
痒みや痛みがある患部にステロイド薬を塗布することが一番の治療法となります。

水晶様汗疹

水晶様汗疹では、直径1~3mmほどの水疱が多く発生しますが、水疱自体に痛みや痒みといった症状はありません。
治療法としては、シャワーなどで汗を洗い流す、素早く汗を拭きとるなど肌を清潔に保つことで、自然に治すことができます。

深在性汗疹

深在性汗疹は表皮の奥にある真皮に汗が溜まることで起きる症状で、緩やかに隆起した発疹が敷石状になって多く発生します。
患部は赤みを帯びることはなく、痒みもほとんどありませんが、発汗の刺激が加わっていくと汗が真皮内に溢れ出すので、汗は体外に放出しなくなり、皮膚が乾燥していきます。
そのため、なるべく汗をかかない環境で安静に過ごすことが肝要です。

涼しく乾いた状態に皮膚を保つ

いずれにしても、皮膚はなるべく涼しく乾いた状態に保つことが大事です。
症状によっては、先に述べたようにステロイド外用薬や抗生剤などを用いますが、あせもを繰り返さないためには、通気性の良い服を着用し、汗が出たらシャワーで流すか、こまめに拭き取る、このほかボディーパウダーや制汗剤の使用をお勧めする事もあります。
また、汗をかく事は良い事なのですが、あせもの症状がつらいときは受診してください。