ほくろ

色や形、発生時期も様々

ほくろ

ほくろは、黒いあざとともに医学的には色素性母斑と呼ばれています。
メラニン色素を産出する色素細胞が変化した母斑細胞の塊がほくろの正体です。
ほくろは、生まれつきあるものと成長の途中で出現してくるものとがあり、また平らなものから隆起したものまで様々です。
痛みを伴うことはありませんが、子供の頃はまっ平らだったものが、大人になると母斑細胞が増えて隆起するということもあります。

急激に大きくなったときは要検査

ほとんどが良性の色素性母斑なので、病院で受診するといったことはありません。
ただ、新しくできたほくろで急激に大きくなったもの(直径5ミリ以上)は、悪性黒色腫が発症しているケースも考えられますので検査をする必要はあります。
悪性黒色腫は、色素細胞ががん化したものですので、皮膚がんを発症するということになりますが、早期に発見できれば、その元となる部分を容易に取り除くことができます。

エルビウムヤグレーザーなどで除去

良性であれば取り除く必要はありません。
ただ、ほくろができた場所や大きさなど、見た目が気になるという場合は自費診療になりますが、切除することができます。
切除をする際は、ほくろの出来ている場所や形状、大きさなどに応じて、エルビウムヤグレーザーや炭酸ガスレーザーなどによる治療または外科的切除を行います。
エルビウムヤグレーザーは水に吸収されやすい特徴があり、吸収時に熱を発します。
皮膚は水分を多く含みますので、除去する部分に同レーザーを照射することで熱エネルギーが生じます。
この熱で瞬間的に患部の組織を蒸散し、ほくろなどを除去します。

当院ではエルビウムヤグレーザーを用いた日帰り手術を行っております。
傷跡をより少なくする治療を目指しています。料金についてはなんらかの機能的問題がある場合に保険適用となります。