ちえぶくろう

ORBIS Body wear カタログ 内で、 秋冬インナーの選び方 の取材を受けました 

18092202

18092201期待を裏切られる日もありますが、ようやく涼しくなってきましたね。ちょうどよい気温と湿度の日というのはこの時期台風などで数少なく、いつの間にか急に寒くなったりするものです。秋は暑かったり寒かったりで体温調節がしにくい季節、また冬になっても外ではコート着用で防寒するけど、電車の中や建物の中に入ると一転温度が高くなって汗が止まらなくなるといった現象がみられます。なにが言いたいかといいますと、寒暖差が激しい時の衣服の選び方はいかにということについて改めて皮膚科の立場として考えたということです。

きっかけはORBIS株式会社さんから今季販売される寒暖差に対応するインナーについての記事の取材をお受けしたことでした。ORBISさんといえば低刺激の化粧品で有名な企業さんですが、肌のことを考えたボディウェアも販売されているとは今回初めて知りました。お話しを伺って皮膚のことをとても考えられていることがわかりました。

皮膚科には毎日皮膚トラブルでお悩みの方が来院されますが、やはり秋冬で多いのは乾燥肌からくる湿疹病変です。アトピー性皮膚炎の方、皮膚薄い乳幼児、皮脂が少ないご高齢の方はもちろん、そうでなくても、日常で適切に保湿をしていないと私たちの肌は乾燥していきます。より乾燥させてしまうようなナイロンタオルやあかすりなどを用いた肌の洗浄のしずぎや、毎日着用する下着、インナーは選び方によってはさらなる乾燥を起こしてしまうことは容易に想像できるでしょう。

理想のインナーは、摩擦を起こさず、汗を逃がしてすぐ乾き、保温性にも富む素材やサイズをみて選ぶことが大切です。

今年の秋冬当院に乾燥で来院される方は、診察で下着もチェック☑させてもらおうと思いました。

院長 藤本 智子