ちえぶくろう

蕁麻疹 登山中の植物にご注意を② 回答

これは、皮膚科の教科書に載っているあの植物では・・・・・と、あとで調べて気が付きました。答えは、イラクサです。

イラクサは、別名蕁麻(じんま)と呼ばれ、これが蕁麻疹の名前の由来なんですね。とげのなかに、蕁麻疹を起こすヒスタミンという成分が入っていて、その成分が腫れやかゆみ、成分が多い場合には痛みも引き起こすという、、、、東京都健康安全研究センターのHPにも、アウトドアで気を付けたい植物として載っていました。

http://www.tokyo-eiken.go.jp/assets/issue/health/webversion/web21.html

なるほど。これは皮膚科医として自分でも体験しなくては(家族の症状の経過をみた後でやるという、、、今後の家族関係に波風をたてかねない発想ですね。。。)と思い立ち、翌日の登山はイラクサを探しながらの山登りになりました。目を皿にして足元ばかりをみて数分でーー、ありました!

さらさらと腕に触れました。と、その瞬間刺されました。(マネすることは決しておススメいたしません。)

 

 

イラクサに触れた瞬間、“いったーーーい。” こりゃ子供は泣くわ、という痛みでした。

その後すぐ皮膚が腫れてきて、本当に蕁麻疹がでてきました。約30分ほどで発疹は消退。

 

 

 

 

 

結論:ハイキング、登山は長そで、長ズボンを履きましょう!

 

やはり空気がいい中、登山をするのは心身ともにリフレッシュになります。しかし、万一の場合を考え事前の準備を怠らずに、計画的に登りたいと思いました。

 

皮膚科で受診される蕁麻疹は、原因がわかるものよりも、原因がはっきりわからないもののほうが割合が多いです。体内で蕁麻疹を起こすヒスタミンを中心とした物質がでていることから起こります。体調が悪い時、風邪のあと、ストレスや寝不足の時にも起こりやすいといわれています。症状の原因がわからなくとも、症状から診断をした後は、治療は抗ヒスタミン薬の内服です。慢性の方も多いのですが、徐々に改善します。継続して内服をしていただくようお話ししています。

院長  藤本智子


蕁麻疹 登山中の植物にご注意を① -改装工事完了報告ー

クリニックの改装工事が終わりました。長いGWを利用させてもらい、2週間の間ご迷惑をおかけしました。おかげ様で順調に工事が完了し、13日からまた診療を再開させていただきました。混み合う状況については改善を重ねていきたいと日々検討中で少しずつ案を実行中です。今後ともどうぞよろしくお願いします。

 

さて、今回GWでは趣味の登山・・・まではいかないですがハイキングに埼玉の山にでかけました。初日は四阿屋山(あずまやさん)、2日目は両神山(りょうかみさん)です。いつもリュックをしょって水筒をいっぱいにして水分を大量にもち、保存食(チョコやスナック菓子、菓子パン)を持ちでかけます。今回は友人家族とでかけました。子供は2人連れです。順調に山道を登っていくと、まず夫が“いててて・・・・なんだこれ!”、続いて娘(未就学児)が“痛い、ぎゃーーー、●▲$□・・・号泣”と、事件が起こりました。なにごと!大変!とかーちゃん(私)がかけつけます。

すると、なんということでしょう。夫(半ズボン)、娘(半そで)の皮膚露出部に膨疹(ぼうしん)≒膨れた状態の皮膚が!

そしてその近くにはなにやらとげとげしい草が群生していました。。。

 

 

 

 

 

ものすごい数のとげとげが、茎や葉の裏にびっしりとついていますね

 

 

はい、私皮膚科分野担当係として、まず娘はドクターストップ、持っていた塗り薬をして絆創膏をぺったん。今後の登山に備えました。

しかーし、この植物の棘、刺されると痛みと蕁麻疹のようなふくらみがでるとは、、、、キラリ。“ふーむ、においますね(おしり探偵風)”と、皮膚科医として探求する心のほうが勝ちました。。。。まず、夫には、症状的にドクターストップになっていないことを説明し、ちょっとお気の毒ではありますが、どういう経過をとるかそのままでいてもらうことにしました。

そして、その症状の経過として、その後30分から1時間くらい痛みの感覚が続き、腫れも半日は残りました。さて、この植物はなんでしょうか?

続く・・・・・・・・

院長 藤本 智子


当院の手術について

皮膚科診療の中で手術はスタンダードで行っておりご紹介します。保険診療内で多くの皮膚腫瘍は診療が可能です。クリニックでの手術、主なものとしては

・皮膚良性腫瘍切除:ほくろ、粉瘤(アテローマ)などのできもの

・陥入爪の手術(ワイヤー・ガタ―法を含む)があります。

さらにガングリオン穿刺や炎症性粉瘤の切開術、異物除去などを行っています。

開院からの集計をしてみたところ、11月までの約半年で62件の手術を行いました。内訳は

・色素性母斑(良性のほくろ)が32件

・粉瘤(アテローマ)が4件

・その他の良性腫瘍が16件

・皮膚生検1件

・爪関連手術が10件 でした。

手術までの診療の流れは、診察→術前採血(必要時)→手術予約→手術→抜糸(10日~2週間後)です。

緊急性のある感染の場合や、空いている時間帯にお越しいただいた方は当日行う場合もあります。

ほくろの手術の場合はレーザーを希望される方でも、良性悪性の病理検査が必要と判断した場合は全例病理検査で組織を確認しています。

また、当院で行えない手術に関しては、連携病院に責任をもってご紹介させていただきます。

どうぞ、きになるほくろ、おできがありましたらご相談ください。

院長 藤本智子

 


蜘蛛にさされた患者さん

今日はめずらしい患者さんが来院されました。

明け方布団の中で手の痛みを覚えふとみると虫に刺されたとのことで撃退後の虫を持ってきていただきました。受診されたときは刺された周囲が紅く腫れていました。痛みもまだ残る状態でした。

お、、大きい

手足が長くてクワガタのような口がするどい虫です。

足が4本ずつあるので蜘蛛なことはわかりましたが、名前がわからないということで、調べました。結果、

“カバキコマチグモ”であることが判明。日本全土に生息するくもで咬傷の被害がしばしばみられ、交尾期の6月から産卵期の8月に咬傷事故が集中するということでした。毒液には獲物を麻痺させるための神経毒、カテコラミン、セロトニン、ヒスタミンなどを含むため、激しい痛みがでるようです。(Wikipedia参照しています)蜘蛛にかまれて症状がひどいときはカバキコマチグモと覚えた日となりました。翌日のお電話では痛みと腫れがひいたとのことで安心しました。

先週から、そのほかチャドクガによる皮膚炎の患者さんも来院されています。ちょうど薄着の季節、新緑の季節になってきたので、みなさま外出の際や庭の手入れの際はお気を付けください。

院長 藤本智子