ちえぶくろう

2018年の終わりにあたり

とうとう2018年も年の瀬となりました。池袋で開院して1年半があっという間にすぎましたが、赤ちゃんからご高齢の方まで、これほどにも多くの皮膚でお悩みの患者さんが多く来院いただき、今までの一般病院勤務の時と比べて、より患者さんに近い立場で診療を行える環境を実感した1年となりました。

皮膚の疾患も、アトピー性皮膚炎や接触皮膚炎(かぶれ)、脂漏性皮膚炎などの湿疹群、皮膚感染症や火傷などの急性期の疾患群、ニキビ、蕁麻疹、尋常性乾癬、円形脱毛症や白斑など経過をみていく疾患群、金属アレルギーやスギ花粉症、薬疹などアレルギー疾患群など一般の皮膚科の方々に加えて、今年はやはり風疹の流行も実感したり、その中でワクチンの重要性を感じました(当院では各種ワクチン接種を行っております(お電話でお問い合わせ))。さらに当院での特徴の一つでもある汗でお悩みの方も多くいらして、患者さんごとのお悩みの解決にむけての診療をこれからもさせていただきたいと改めて思いました。

‘心がかようクリニック’ を理想とし、日々の診療、クリニックの設備など改善点を加えてスタッフ一同これからも引き続き努力していきたいと思っておりますので引き続き来年もどうぞよろしくお願いいたします。

皆様にとってよい年末年始になりますようにお祈り申し上げます。感謝を込めて。

  院長 藤本智子