2017-06-09

日本皮膚科学会総会 教育講演1-3 多汗症をいかに治すか

6月2日金曜日にはクリニックの休診をいただきご迷惑をおかけしました。

第116回日本皮膚科学会総会で、多汗症についての教育講演を行わせていただきました。皮膚科学会総会は日本で最大の皮膚科学会で、この日は全国の総合病院やクリニックの皮膚科が休診や短縮診療などしているところも多くあると思います。

教育講演1は汗が関与する疾患というセッションでした。

演者は大阪大学皮膚科准教授 室田浩之先生、神戸大学皮膚科講師 福永淳先生、浜松医科大学教授 戸倉新樹先生で、座長に杏林大学名誉教授 塩原哲夫先生、戸倉新樹先生という御高名な先生方の中で、私も皮膚科診療をしている医師にむけて多汗症の治療を広め、日本全国どこの地域でもスタンダードな診療ができるような内容を意識して準備、発表をさせていただきました。

当日は金曜日の朝一番にも関わらず、大きな会場に多くの先生方関係者が集まるセッションとなり、関心の高さが伝わってきました。

 

 

2010年に皮膚科学会において原発性局所多汗症診療ガイドラインが、2015年には改訂版が公布されましたが、私自身、他大学、他分野の多汗症の診療を行っている先生方とガイドラインを作成してきました。作成当初から現在に至るまでで感じることは、年々、着実に皮膚科医師の中で多汗症診療について理解が深まっていること、治療が普及してきていることです。

研究分野でも、発汗機序、発汗のメカニズムやその役割についての研究が非常に盛んになってきています。今後新しい治療に応用されるうえで非常に重要なのが、実験室での基礎研究や、患者さんの診療から得られる情報です。一人一人の症状を丁寧に診ていくことから新しい気づきがあると改めて思いました。

池袋西口ふくろう皮膚科クリニックは、引き続き患者さんに寄り添いつつ、よりよい診療を心がけていきます。

院長 藤本智子

 

2017-06-08

日刊ゲンダイ 受診までの応急処置 “日焼け”

6月8日(木)「日刊ゲンダイ」 受診までの応急処置 “日焼け” に当クリニックの藤本智子院長が掲載されました。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/206956

日本人はスキンタイプにより、日焼けの症状が変わること、その対応についてなどがかかれています。ちょうど今は1年に一番紫外線が強い季節です。日焼け止めの対策を行っていきたいですね。日焼け止めの選び方など参考にしていただけると幸いです。

診療時でも日焼け止めの選び方などお気軽にお尋ねください。

池袋西口ふくろう皮膚科クリニック

2017-06-08

塗り薬の塗り方

カテゴリー:

皮膚科では、診療のほとんどといっていいほど塗り薬が処方されます。その後正しいぬり方がご自宅でもできていますか?

軟膏やクリームをしぼって、人差し指の先から第一関節までが0.5g、ローションタイプは1円玉の量が0.5gです。

この量で塗る範囲は、手のひら2枚分に相当します。

症状に合わせた薬をもらっていても塗る量が十分でないと、せっかくの薬の効果が発揮できていない患者さんを多く拝見することがあります。

乾燥肌の保湿剤などは少してかる程度に塗るなどしていただくと十分効果がでること、

そのほかニキビの時の外用方法、アトピー性皮膚炎の症状にはなど、正しいぬり方を診察の中でも確認をしていきます。

診察の内容が、正しく患者さんに伝わるようにをモットーに、日々診療をしたいと思います。

院長 藤本智子

 

2017-06-01

日刊ゲンダイ 受診までの応急処置 “爪がはがれた”

5月31日(水)「日刊ゲンダイ」 受診までの応急処置 “爪がはがれた” に当クリニックの藤本智子院長が掲載されました。

爪のはがれ方により、切ったほうがいいのか、テープなどで補強すればよいのかなど対応を変えます。また、爪が割れやすくなったり、伸びなくなったりする時には白癬やカンジダといった感染症、乾癬や扁平苔癬や薬剤性などといった原因があることもあります。

爪も皮膚の一部です。どうぞご相談ください。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/206506

池袋西口ふくろう皮膚科クリニック

2017-05-25

汗腺を鍛えて、いい汗をかこう!夏前に知っておきたい「汗」の話

Zookiesのコラムに、院長の取材が掲載されました。

今の季節の話題に合う内容となっております。お時間のあるときにご一読ください。

http://zookies.jp/column/768/

池袋西口ふくろう皮膚科クリニック